ナンピン買いは損失拡大の危険がある

持ち株が購入価格より下がったときの代表的な対処法がナンピン買い。
例えば1000円で1株買った株が500円まで下がったとします。
そこで1株追加で購入すると平均取得価格は750円になります。
最初のままだと1000円以上にならなければ利益が出ませんが、
ナンピンしたことで750円まで上がれば利益が出ます。
これはナンピン買いが上手く行った場合のしくみですが、
株価がさらに下落した場合は株数が増えた分だけ損失が拡大します。
それだけにナンピン買いをするかどうかの判断は難しいのです。

ナンピン買いが成功させるためのポイントとして、
株価が底値圏にあるかが挙げられます。
株価が下がりきって上昇へ折り返すタイミングで買うことができれば、
あとは平均取得価格を上回るまで待つのみです。
そのためには株価が下落している途中に買うのではなく、
下がり切って横ばいしている状態で買うことが大切です。
nannpin

ナンピン買いを成功させる自信がない方には「合わせ切り」がお勧め。
こちらは分散投資で複数の銘柄を持っている場合に限られますが、
株価が下落している銘柄と上昇している銘柄を同時に売り、
損失分を上昇分でカバーしてしまう方法です。
この方法なら現状以上に損失が膨らむことがないので、
株初心者でもリスクを最小限に抑えることができます。