自分の肌に合ったクレンジングを使うことが大事

以前合わないクレンジングを使って肌サイクルがうまくいかなくなり、肌表面がごわごわしていた時期がありました。

角質がうまく剥がれ落ちずに分厚くなって、そのような肌になっていたのだと思います。もっと早くクレンジングを変えれば良かったのですが、その時はクレンジングが原因とは分からずに使い続けてしまいました。

これがいけなかったようです。頬に「ニキビ」が発生し、クレンジングを変えてもなかなか落ち着きませんでした。

ようやくニキビが治ったと思ったら、今度はニキビ跡に悩まされることに。シミなど軽度のものはいいとして、クレーターになったものは治りません。

ニキビ跡が目立たなくなり始めたのはしばらくしてからです。誤ったお手入れをしていたために、落ち着くまで時間がかかってしまいました。

それからクレンジングは慎重に選ぶようにしています。自分の肌に合っていないと感じたらすぐに使用をやめます。

また、クレンジングをしたあと保湿することも大切です。さっぱり系のローションで水分を与えてベタつきが少ない乳液をつけ、最後にクリームで仕上げています。シンプルなケアですが重要なのは毎日続けていくことです。

食べるものにも気を使うようになりました。スナック菓子や唐揚げなど油っこいものはニキビができやすくなるので、控えています。おやつはビタミンたっぷりのフルーツやナッツが基本です。

リプロスキンでクレーターのニキビ跡が治らない理由

親が居なかったら、どうなっていたことか

我が家は、私達夫婦と3人の子供の5人家族です。3人の子供は、それぞれ2才差なのですが、一番上の子の幼稚園入園と、一番下の子の出産時期が被ってしまいました。そのため、上の子の幼稚園の用具費用や月謝、下の子の検診費用や出産費用と、出費も重なってしまったのです。

更には、3人目を考えていなかった事もあり、上の子2人の物を、ほぼ他の親族や知り合いにお下がりであげてしまっていたため、産まれてくる下の子のために、衣類やオモチャ等を新たに用意しなければならず、そちらの費用も掛かってしまいました。

元々妻は専業主婦で、上の子を預ける場もなく働けなかったため収入が無く、私の収入もそれほど多くないため、やりくりに苦労し始めました。かと言って、まだまだ小さい子供達のご飯を減らす訳にはいかず、洋服も成長が早いため買わない訳にはいかず、周りにお下がりをくれそうな人もおらず、節約にも限度がありました。

更には、私は節約が苦手で、何度言っても無駄な買い物をしていました。本当にギリギリで日々を過ごしており、出産も出産一時金が出るとはいえ、我が家の貯金で賄えるのかと不安で不安で泣く日も少なくありませんでした。

そんな時、たまたま親が、『あなた(私)に掛けていた保険で、満期になったものがあって、お金が戻って来たから、生活の足しにして』と、50万程渡してくれました。

親には生活の苦しさは伝えていなかったので、本当にたまたまタイミングが合っただけなのですが、本当に本当に助かりました。その援助で日々を賄いながら、出来るだけ節約を続けていきました。私も、親の援助で助かっているという状況に、さすがに気まずさを感じ、ようやく節約に力を入れるようになりました。以前よりも少しだけですが、貯金も出来るようになり、無事に幼稚園入園も出産も行うことが出来ました。今も節約に努め、それなりの日々を送ることが出来ています。

お金が無くても慌てる必要はありません。[http://www.bbvapanama.com/]

電線地中化の課題はコストと技術

狭い道路の端に立並ぶ電柱に通行を妨げられて、ふだんから不便を感じているドライバーも多いでしょう。そうでなくても乱立する電柱や電線は災害時にも危険ですし、景観もよくありません。

国土交通省は昭和62年から、無電柱化の整備計画を進めています。当初は大規模商業地域から始まりましたが、無電柱化の対象を商業地域から住宅地域へ、さらに歴史的景観地区等へと対象を拡大してきました。

現在も「無電柱化に関わるガイドライン」により、地域文化や地域活性化なども含めて、推進を継続しています。今後も東京オリンピックなどにに向けてさらに加速していくものと考えられます。

無電柱化は、地中化による方式が中心になってきましたが、課題はコストの大きさです。
当初は道路幅員の大きいところから始められてきましたが、対象の広がりに伴って、よりコンパクトにコストをかけずに実施できるよう、技術開発が進められてきました。

ただ、限界も出てきているので、地中化以外の無電柱化の手法も取り入れらてきています。無電柱化が推進されることにより、関連する産業への需要の増大が見込めます。

コンクリート素材や加工製品の需要が増大することから、セメント、コンクリート系の銘柄、特に、電線ケーブルを収納するコンクリートボックスを扱う企業が注目されます。
また、電線ケーブルの切り替えに伴って長く需要が見込める、電線系の企業も関連銘柄としてみておく必要があります。

インバウンド需要で狙いたい銘柄とは

インバウンド需要は、連日ニュースで話題になります。
最近は、爆買と言われ、中国人観光客目当ての商売が盛んになっています。

東京の銀座や大阪の心斎橋では、連日のように中国人観光客を見掛けるようになりました。
大阪の心斎橋のあるデパートでは、売上の20%を占めるようになったと言われています。

中国人観光客が、好んで買うものは決まっているそうです。
かつては、日本メーカーの電化製品が大人気でしたが、最近は、日用品の爆買が目立つようになっています。
ジャンルとしては、化粧品、オムツなどがバカ売れだそうです。
化粧品は、持ち運びに困るものではありませんが、オムツは、結構スペースをとるから意外です。

さすがに、粉ミルクを買っていく事例は少ないそうです。
粉ミルクは、中国ですら中国製粉ミルクが売れず、オーストラリアやニュージーランド、
日本製の粉ミルクが、陳列棚からすぐになくなるそうです。

こういう風にインバウンド需要は、非常に偏っています。
偏っているということは、それによって儲ける企業も決まっているということです。
最近ではオカモトというゴムメーカーの株価が急激に上がりました。
オムツの花王や化粧品一番人気の資生堂もインバウンド需要によって株価が多少アップしてくるでしょう。

京都きもの友禅の配当利回りに注目

株を買うときの目的は人それぞれですが、
銀行預金の代わりに配当金目的で長期投資される方が増えています。
まとまったお金を銀行に預けていても受取る金利が少ないため、
少しでもお得に運用できればという事です。

このとき重要なファクターとなるのが配当利回りで、
投資額に対していくら配当金が得られるかを数値化したもの。
銀行預金で言う金利のようなものですが、
株式投資の場合は元金の保証がないこともあって、
年間の利回りが3%を超える銘柄も少なくありません。
しかし買値から株価が大きく下落してしまうと含み損を抱えてしまうので、
配当目的で株を買う場合は配当利回りに加え、
株価の値動きに安定感のある銘柄を選ぶのがポイントとなります。

そこでお勧めな銘柄が京都きもの友禅(7615)です。
呉服の販売やレンタルなどを手掛ける会社ですが、
このところ外国人観光客からの着物人気で業績好調。
株価は800円から1000円のボックスで推移しており、
配当利回りは3月18日時点で4.6%とかなり高くなっています。
さらに京都きもの友禅で使える10%割引券が株主優待で貰えるので、
きものに興味がある方ならさらにお得感はアップします。
今後も成長が見込めるだけに配当目的での投資向きだと言えるでしょう。

証券口座の出入金はネットバンクを活用

証券会社の口座へ入金する方法は振込みが一般的ですが、
銀行のATMから振込を行うと手数料が発生するうえ、
入金が口座に反映するまで1時間以上は掛かります。
これでは午前中に買いたい銘柄を見つけて入金しても、
後場の開始時間に間に合うかどうか微妙です。
もちろんその間も株価は動いているので、
一番おいしい株価を逃してしまう可能性もあります。

そこで活用したいのがネットバンクを使った入金方法。
ネットバンクなら入金が即口座に反映される仕組みになっており、
振込限度額も大きいので一度に高額な入金を行えます。
さらに証券会社が提携しているネットバンクなら振込手数料無料。
ネットを使ってパソコンやスマホから出入金が行えるので、
わざわざ銀行のATMまで行く手間も省けます。

ネットバンクは24時間利用可能なところも多く、
銀行ATMのように時間外手数料を取られることもなく安心。
少しでも出入金コストをカットしたい方にはおすすめです。

株の配当金は受取り忘れに注意

株主に対する配当金を実施している企業の株を買い、
長期保有している者の楽しみのひとつが配当金の受け取り。
年に一回か二回もらえるこのお金はわずかではあるものの、
頻繁に株の売買を行わない長期保有スタイルの投資家にとって、
「自分は株主なんだ」と実感できるポイントでもある。

この配当金は受取りが少々面倒。
自宅に送られてくる書類に捺印を行い、
郵便局の窓口へ身分証明書を提示のうえ受け取るシステムだが、
この窓口で受け取れる期間は約一ヶ月と短い。
もしこの期間を過ぎてしまった場合は、
書面の裏に記載されている銀行窓口で受け取るか、
受取りに必要な情報を記載して書類を郵送で送る必要がある。

郵送になると切手代が掛かってしまうし、
指定された銀行が近くにあればいいが、
多くの場合メガバンクの本支店が指定されているので、
郵便局の窓口ほど各地域に点在していない。
つまり近所になければ交通費が発生してしまうのだ。
大口の投資家なら配当金も高額になるだろうが、
株初心者が小口で買っている株の配当金などわずか。
少しでも余計なコストを掛けないためにも、
期日内に郵便局の窓口で受けとるようにしたい。

SBI証券ならテクニカル分析が株初心者でも簡単

株で勝つための勉強をしていくとテクニカル指標の重要性に気づく。
毎日の値動きを示すローソク足を記した株価チャートには、
その銘柄の過去の値動きを記録しているだけでなく、
今後の値動きを予想する重要な手がかりが記されている。
この株価チャートを分析するための方法がテクニカル分析で、
過去の偉人たちが研究の末に開発した様々な方法がある。

このテクニカル指標は株価予想に非常に役立つのだが、
仮に「上昇サイン」が発生している銘柄があったとして、
何千もある銘柄の中からどうやって探し出せばいいのか。
銘柄のチャートをひとつひとつ見ていてはキリがない。
そこで私が使っているのがSBI証券のスクリーニングです。
スクリーニング機能とは一定の条件別に銘柄を検索する機能で、
例えば株価上昇のサインである「一目均衡表の雲上抜け」発生銘柄や、
「ゴールデンクロス」発生銘柄を一発で検索できる便利なもの。
これを使えばチャートをシラミ潰しに見る必要がないのだ。

さらにテクニカル指標だけでなく、
PERやPBRなどのファンダメンタル指標での絞り込みや、
配当利回りの数値を指定しての検索も可能。
このツールさえ使いこなせれば銘柄検索はかなり楽になる。
もちろんSBI証券以外でも同じようなツールは提供されているが、
個人的に株初心者でも使いやすい点を考慮すると、
SBI証券のスクリーニング機能が一番だと思っている。

タイプ別に見る銘柄の選び方

はじめて株を買うときは誰もが思うことが、
「出来るだけ負けるリスクを抑えて利益を出したい」というもの。
理想を言えば値下がりする確率が低く、
将来の株価が何倍にもなる銘柄がいいのだが、
株の世界ではそんな銘柄はごく稀。
そこで大きな値上がりは見込めなくても低リスクな銘柄が、
多少リスクがあっても大きなリターンを狙うのかを選ぶことになる。

●低リスクで高配当銘柄を狙うケース
退職金や老後の資産運用で株を買う人に多いのがこのパターン。
銀行預金の利息より配当金の方が利回りが良いという理由で投資するため、
値動きの少ない高配当銘柄を中長期で保有するのがセオリー。
基本的に高配当銘柄は投資家からの人気が高く、
長期で運用されることが多いので株価の下支えも強い。
なので底固い値動きで低く安心して保有できるのがメリット。
このタイプで投資する方にお勧めなのがウエストホールディングス(1407)。
株価は下落から底を打った感があり、
現時点で10万円以下から投資できるうえに配当利回りもいい。
太陽光発電の設置工事を主力としている企業なので、
将来的な伸びしろも期待できるだろう。
ROEが非常に高いので今後は人気化する可能性もある。
west

●リスクはあっても一攫千金を狙うケース
比較的若い世代の投資家に多いのがこのパターン。
値動きが大きい銘柄で勝負をするので短期売買が前提で、
配当金や株主優待は無視して銘柄を選ぶ。
このタイプで投資するなら株価が急騰しやすいテーマ株を狙いたい。
特にインバウンド関連やセキュリティ関連は人気も高く、
ちょっとしたIRにも株価が反応しやすい。
他では一時急騰したものの調整局面を迎えている東京五輪関連にも注目。
国立競技場の建設中断などで過熱感はなくなったものの、
五輪開催が近づくにつれ材料が出てくるのは必至。
再度急騰する場面が出てくることに期待したい。

ナンピン買いは損失拡大の危険がある

持ち株が購入価格より下がったときの代表的な対処法がナンピン買い。
例えば1000円で1株買った株が500円まで下がったとします。
そこで1株追加で購入すると平均取得価格は750円になります。
最初のままだと1000円以上にならなければ利益が出ませんが、
ナンピンしたことで750円まで上がれば利益が出ます。
これはナンピン買いが上手く行った場合のしくみですが、
株価がさらに下落した場合は株数が増えた分だけ損失が拡大します。
それだけにナンピン買いをするかどうかの判断は難しいのです。

ナンピン買いが成功させるためのポイントとして、
株価が底値圏にあるかが挙げられます。
株価が下がりきって上昇へ折り返すタイミングで買うことができれば、
あとは平均取得価格を上回るまで待つのみです。
そのためには株価が下落している途中に買うのではなく、
下がり切って横ばいしている状態で買うことが大切です。
nannpin

ナンピン買いを成功させる自信がない方には「合わせ切り」がお勧め。
こちらは分散投資で複数の銘柄を持っている場合に限られますが、
株価が下落している銘柄と上昇している銘柄を同時に売り、
損失分を上昇分でカバーしてしまう方法です。
この方法なら現状以上に損失が膨らむことがないので、
株初心者でもリスクを最小限に抑えることができます。